THE LAKOTA HOUSE

THE LAKOTA HOUSE

MENU

アメリカントラッドに欠かせないモデル、PENNY LOAFER。

ここでは深く輝く艶が魅力のブラックカーフモデルをご紹介いたします。


99267①.JPG

「PENNY LOAFER」。そもそもローファーとは、ノルウェーの漁民が履いていた靴が由来です。靴ヒモのない革の弾力を利用して足にフィットさせるスリッポンシューズを差します。この独特の履き心地と愛らしいフォルムに、多くの人が虜になっています。1920年代初めにはイギリスや他の諸国でも一般に履かれるようになり、1940年代にアメリカの靴メーカーが手懸けたローファーが大流行し、アイビー・ルックの重要なアイテムとなり、日本では1960年代にアイビースタイルの定番として愛用されていきます。


99267②.JPG

ストラップ部分の飾り穴=スリットは「スキャグウェイ」と呼ばれるデザインで模られています。PENNY LOAFERの"ペニー"は、スリット部に1セント硬貨を挟み、当時の若者がファッションの主張として取り入れたという説があり、この事からコインローファーと呼ばれることもあります。


つま先のモカシンはロウ引きされた馬の尻尾の毛を束ねて作る「糸」を用いて、熟練職人がひと針ひと針丁寧に縫っています。この美しい立体的なモカシンがローファーの醍醐味であり、時代を超越する魅力があります。


99267③.JPG

今もなおアメリカントラッドの象徴として、世代問わず愛され続けるPENNY LOAFER。

これからのシーズン、重宝する逸品です。


MATERIAL:CALF

COLOR:BLACK

LAST:VAN

OUTSOLE:SINGLE LEATHER

PRICE:¥104,760






SHARE